𝓇𝓸𝘺 𝓌𝖆𝕤𝒽𝚒ọ

back
BERLIN WALL ベルリンの石 2017

アートマーケットは、実存的な価値とは切り離された独自のルールのもとに成立している。そこでしか通用しない判断によって、何十億という大金が動いている。しかしこのような奇妙な現象は、アートシーンだけでなく、観光地でも起きていると言える。ベルリンにある観光地の中には、1989年に崩壊した、べルリンの壁の破片だと謳われた本物か偽物かもわからない、なんでもない石ころが売られる。実存的な価値など皆無で、それでも訪れた観光客は"せっかくの機会に"と購入するのだという。だが、これはベルリンという土地の中でしか成立しない商売であるはずだ。その土地の中でしかリアリティを持たないのである。そしてこのことはアートマーケットの構造に酷似していると言える。東洋人である私が、実際にベルリンの壁の横で販売するという行為を通して、そうした違和感への問いかけをする。

The art market runs with a unique principle which is completely different from existential values. Often, millions of dollars are spent through rules that apply nowhere else. However, it can be said that a similar phenomenon can be seen in tourism. For example, following the fall of the Berlin Wall in 1989, mere stones and pebbles, claiming to be from the Berlin wall, has been sold as souvenirs. The tourists purchase them, thinking “well, I came all the way here”, while seemingly ignoring all of their existential values. But this trade can only be established in Berlin. It is a reality that can only be felt in that plot of land. Thus, I find an inevitable resemblance between the tourism trade and the structure of the art market. By selling the same stones and pebbles beside the Berlin wall as an asian man, I explore the sense of discomfort found in these phenomenons.